ブログトップ
mikyung cafe
mikcafe.exblog.jp
<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
時間を外した日
今日は13の月の暦でいう

「時間を外した日」

明日から銀河新年です!

きのうの大みそかの日、とても心に残るようなうれしいギフト(出来事)がありました。

もう、新しい生き方にシフトチェンジすると決めてから、

「ほんとにできるのか?」

的なお試しが次々やってきましたが、

なんとか新しい扉を開いて進むことができたようです。

やったー!


そして、このブログも新しいブログに移行するため、今日でおしまいにします。

ただいまホームページを作成中で、そちらにブログもまとめてしまおうと思ってます。

5年間(長!)私のつたない文章を読んでくださりありがとうございました!

ブログをやるのは楽しいから。

文章書くの好きだから。

それがすべてです。


ありがとうございました(^_^)
[PR]
by mikyungcafe | 2013-07-25 20:08
やっぱり愛だよね
大人は無意識にも意識的にも子供をジャッジしていますよね。

良きも悪しも。

この子はこう、と。

私も知らず知らずのうちにそうなってたって、ふと気ついた。

子供はそのすべてを吸収しちゃう。

どんなにお勉強してきたって経験をつんだって、1人の人間を計る力なんて私たちはもっていない。

でも誰もが持てるのが、

何はなくても存在しているだけでいいんだという絶対的な価値をその子の中に育んであげる、

やっぱり愛の力ですよね。
[PR]
by mikyungcafe | 2013-07-19 10:40 | つれづれ
ケサランパサラン
ケサランパサラン

白いフワフワの未確認動物。

つかまえて持っていると幸福が訪れるんだって。

きょう、ケサランパサランがたくさん宙を飛んでいた。

正体はアザミの綿毛らしいですが。

でもほんとうに幸せなことがやってきそうでワクワクしてしまった。

白い羽根も舞っていた。

その他にもきょうは、

木から出てるエネルギーが見えたり、

ふと思っていたことが数時間後に現実になったり、

違う次元にいるような不思議な感覚の日だった。

といってもフワフワした感じではなく、センター軸がしっかりして、外側は柔らかな感じで心地がよかった。



最近、ほんとみんな自分の絶対的な価値を信じたほうがいいよ、と思う。

私も含めて。

自分を信じられないから人も自分もジャッジする。

人にわかってもらいたい、と訴えるまえに

自分のことわかってあげなきゃ。

持っている器の大きさはみんな一緒。

違いはその器を満たせるかカラカラにするかだけ。
[PR]
by mikyungcafe | 2013-07-18 20:19 | つれづれ
本気で世の中変えようと思ってるひとたち
ここ数年の間、本気で世の中変えようとおもっている人とであう。

先日、檜原村にいって古民家改修のお手伝いにいってきた。

毎週、どこかから10数人集まってみんなで作業をしているそうです。

ほとんどがわたしよりずっと下の世代の子たち。

気負いもなく、力がぬけてて、楽しみながら世の中変えるってさらっとっ言ってのけちゃう新しい世代。

でも本気。

古民家再生プロジェクトの1人は、村おこしのために、檜原村に移住した若者。

彼らから感じるのはとても純粋な意図。

抜けてることや危なっかしいとこもあるけど、おばさんおじさんはちゃちゃを入れてはいけない。

若い世代はもう、わたしたち世代のようにまず自分自身に向かいあって問題をクリアする必要もなく、

あちらの世界からダイレクトに世のため人のために生まれてきてる。

彼らの勢いは若さだけでなく、ほんとうにニューエイジの新しい光を携えているように感じました。
[PR]
by mikyungcafe | 2013-07-18 07:18 | 自然
クリーンでフェアな社会へ
若者、選挙へいこう!

追いつめられない自然と寄り添ったクリーンでフェアな社会を実現しようとしている政党がいるよ。


緑の党



クラニオセラピーをリピートしてくれるお客様がいるのですが、緩んでお帰りになっても次くる時にはまたカチカチのカラダになってる。

お手当人として、また、お客様をカチカチのからだにするこの病んだ社会に戻さなければいけない、ことに複雑な心境です。

自分が強くなっていくのも1つの方法ですが、みんなにもう無理はしてほしくない。

私も無理はしたくない。

社会がかわらないと人もかわらない。


1人1人の真の幸福のためにたちあがって動いてくれてる緑の党を応援します。
[PR]
by mikyungcafe | 2013-07-12 10:34 | つれづれ
おひさまぱん
今週末は『親子クッキング☆絵本の中のパンを作ろう』のワークショップです。

試作で作ったおひさまぱん。

b0158725_16475096.jpg


かぼちゃで黄色く色をつけています。

パン作りってとても楽しいんです。

パンをこねてる感触も気持ちがいいし、パン生地が発酵していくのもワクワクする。

このおひさまぱんが出来上がったとき、なんだか私に笑いかけているようで幸せな気持ちになりました。

『大丈夫、すべてうまくいくよ!』って。
[PR]
by mikyungcafe | 2013-07-11 16:51 | 食べること
命の音
きょうは久しぶりにクラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)のおさらい会(復習会)に参加した。

おさらい会で楽しみなのは、自分もお手当してもらえること!

疲れがたまってエネルギーが枯渇していたわたしのカラダ。

お手当してもらうと、血流がよくなり、太鼓のようなドンドンっと響く音がカラダの中からしてきた。

あまりの振動にお手当人の方も『地震?!』って一瞬間違うほど。

わたしの命の音がよみがえってきた!

ヒャッホ〜!

太鼓の音は人間の脈打つ鼓動から生まれたのかもしれない。

カラダは打てば響く。

大事にすればちゃんと応えてくれる。
[PR]
by mikyungcafe | 2013-07-10 20:29 | 健康
肉体年齢33歳、精神年齢100歳、実年齢41歳
きのう41回目の誕生日を迎えました。

もう年齢わけわからくなってきましたけど、お誕生日というのはうれしいものです。

わーい、大好きなハウシュカのボディ用コスメいただいちゃいました!
b0158725_21394630.jpg




きょうは友人のアロマテラピーのサロンでおもしろいセッションを体験しました。

SCIOというNASAの博士が開発した、アカシックリーディングコンピューター。

1回目の布ナプキンワークショップに参加してくださった方からこのSCIOを持っているというお話をうかがい、その時のメンバーで特別にセッションをしていただけることになったのです。

もうもうもう、これ、すごいですよ。ほんとに。

あらゆる私の情報をすべてはじき出してくれます。

なんでそこまでわかるのか、と驚愕。

今までのどんなリーディングやセッションよりも腑に落ちました。

SCIOは日本では入手困難な機械らしいので貴重な体験。すごーく楽しかった!!

わたし、乳製品のアレルギーらしい。(身体の情報もいろいろでてくるでてくる!)

3日前にもアイスを食べたらお腹に湿疹ができて。

乳製品は嫌いではないけど、なぜかほとんど摂らない。

飲み物としての牛乳は10年以上飲んでいない。

本能で身体に必要ない、とわかっていたんだなあ。

理由はわからないけど、こうしたいっていう本能(内なる声)をもっと尊重しようとあらためて思った。





SCIOが教えてくれた私の肉体年齢33歳。

精神年齢100歳!

ああ、逆じゃなくてよかったです(笑)

しようと思えばはしゃぐこともキャピキャピすることもはじけることもできるけど、

でも、小さい頃からそういうこと、疲れるよなーって思ってた。

落ち着いてどっしりしてるので社長向きとか言われて。小学生でw

ずっと、絵を描いたり、謎のポエムのような文章を書いたり、お料理やお菓子を作ったり、音楽を聴いたり、

お年寄りが盆栽に向かうような感覚で基本、一人静かに何かやっているのが好き。今も昔もかわらないこと。

あと、古き良き伝統的なこともすき。

だから茶道の先生からすでにお茶の真髄をわかってますね、って言われるくらい超しっくりくる。

ほんとうは、もう地球の修行は終わってる。

おまけのような、今世。

今の両親を助けるため、

しゃーない、降りていってやるか!

って地球にきた。

そういうこともSCIOくんは言っていた。




今年は、色んな面で強くなりたい。

野性の部分を大切にしていきまっす。


私らしく君らしく。

みんなちがってみんないい。
[PR]
by mikyungcafe | 2013-07-07 20:37 | つれづれ
お味噌の途中経過
今年2月に仕込んだお味噌、カビも発生することなく順調に熟成中!
b0158725_11202490.jpg


今日、天地返しをしました。
b0158725_11204980.jpg


底と上部をひっくりかえしてよーく混ぜると、お味噌のいい香りがただよってきました。

味見してみると、すごくおいしかった。

もう食べられるけど、さらに美味しくなるように秋ごろまでねかせます。

菌の営みによってこんなに美味しいお味噌ができあがる。

私たちよりはるかに野性の直感力に優れていたであろう先人たちの発明物は、きっと現代人にはうみだせない。

ほんとうに私たちに残してくれたギフトだと思う。



消毒液を使って無菌状態を作り出そうとする環境って怖いと思いました。

無菌状態にするって、善玉菌を死滅させ悪玉菌の侵入するスペースを作ってること。

どんどん強い悪性の菌が発生するようになるから。

菌の仕組みを理解せず、ただ無菌が良しとする考え方ってこわいです。

保育施設では当たり前に行われてるジアノーゼ(漂白剤など、ハイター)による消毒は食べ物にも!

いまの子供の免疫が低下しているのは過剰な殺菌も原因の1つかもしれませんね。




以前、循環農法の赤峰さんにうかがったお話。

菌も虫も土も自然発生。

野菜や人のカラダを食い荒らす為に存在しているわけではない。

現代では0157、鳥インフルエンザなど昔にはなかった菌による病気でてきました。

でも虫が毒を食べるように、菌は死んだ細胞を食べてくれる。

健康な細胞には決してつかないのです。

虫も菌も地球のお掃除をしてくれている存在なのです。

菌と戦うのではなく、調和していきたいですよね。
[PR]
by mikyungcafe | 2013-07-06 11:36 | 食べること