ブログトップ
mikyung cafe
mikcafe.exblog.jp
カテゴリ:つれづれ( 22 )
やっぱり愛だよね
大人は無意識にも意識的にも子供をジャッジしていますよね。

良きも悪しも。

この子はこう、と。

私も知らず知らずのうちにそうなってたって、ふと気ついた。

子供はそのすべてを吸収しちゃう。

どんなにお勉強してきたって経験をつんだって、1人の人間を計る力なんて私たちはもっていない。

でも誰もが持てるのが、

何はなくても存在しているだけでいいんだという絶対的な価値をその子の中に育んであげる、

やっぱり愛の力ですよね。
[PR]
by mikyungcafe | 2013-07-19 10:40 | つれづれ
ケサランパサラン
ケサランパサラン

白いフワフワの未確認動物。

つかまえて持っていると幸福が訪れるんだって。

きょう、ケサランパサランがたくさん宙を飛んでいた。

正体はアザミの綿毛らしいですが。

でもほんとうに幸せなことがやってきそうでワクワクしてしまった。

白い羽根も舞っていた。

その他にもきょうは、

木から出てるエネルギーが見えたり、

ふと思っていたことが数時間後に現実になったり、

違う次元にいるような不思議な感覚の日だった。

といってもフワフワした感じではなく、センター軸がしっかりして、外側は柔らかな感じで心地がよかった。



最近、ほんとみんな自分の絶対的な価値を信じたほうがいいよ、と思う。

私も含めて。

自分を信じられないから人も自分もジャッジする。

人にわかってもらいたい、と訴えるまえに

自分のことわかってあげなきゃ。

持っている器の大きさはみんな一緒。

違いはその器を満たせるかカラカラにするかだけ。
[PR]
by mikyungcafe | 2013-07-18 20:19 | つれづれ
クリーンでフェアな社会へ
若者、選挙へいこう!

追いつめられない自然と寄り添ったクリーンでフェアな社会を実現しようとしている政党がいるよ。


緑の党



クラニオセラピーをリピートしてくれるお客様がいるのですが、緩んでお帰りになっても次くる時にはまたカチカチのカラダになってる。

お手当人として、また、お客様をカチカチのからだにするこの病んだ社会に戻さなければいけない、ことに複雑な心境です。

自分が強くなっていくのも1つの方法ですが、みんなにもう無理はしてほしくない。

私も無理はしたくない。

社会がかわらないと人もかわらない。


1人1人の真の幸福のためにたちあがって動いてくれてる緑の党を応援します。
[PR]
by mikyungcafe | 2013-07-12 10:34 | つれづれ
肉体年齢33歳、精神年齢100歳、実年齢41歳
きのう41回目の誕生日を迎えました。

もう年齢わけわからくなってきましたけど、お誕生日というのはうれしいものです。

わーい、大好きなハウシュカのボディ用コスメいただいちゃいました!
b0158725_21394630.jpg




きょうは友人のアロマテラピーのサロンでおもしろいセッションを体験しました。

SCIOというNASAの博士が開発した、アカシックリーディングコンピューター。

1回目の布ナプキンワークショップに参加してくださった方からこのSCIOを持っているというお話をうかがい、その時のメンバーで特別にセッションをしていただけることになったのです。

もうもうもう、これ、すごいですよ。ほんとに。

あらゆる私の情報をすべてはじき出してくれます。

なんでそこまでわかるのか、と驚愕。

今までのどんなリーディングやセッションよりも腑に落ちました。

SCIOは日本では入手困難な機械らしいので貴重な体験。すごーく楽しかった!!

わたし、乳製品のアレルギーらしい。(身体の情報もいろいろでてくるでてくる!)

3日前にもアイスを食べたらお腹に湿疹ができて。

乳製品は嫌いではないけど、なぜかほとんど摂らない。

飲み物としての牛乳は10年以上飲んでいない。

本能で身体に必要ない、とわかっていたんだなあ。

理由はわからないけど、こうしたいっていう本能(内なる声)をもっと尊重しようとあらためて思った。





SCIOが教えてくれた私の肉体年齢33歳。

精神年齢100歳!

ああ、逆じゃなくてよかったです(笑)

しようと思えばはしゃぐこともキャピキャピすることもはじけることもできるけど、

でも、小さい頃からそういうこと、疲れるよなーって思ってた。

落ち着いてどっしりしてるので社長向きとか言われて。小学生でw

ずっと、絵を描いたり、謎のポエムのような文章を書いたり、お料理やお菓子を作ったり、音楽を聴いたり、

お年寄りが盆栽に向かうような感覚で基本、一人静かに何かやっているのが好き。今も昔もかわらないこと。

あと、古き良き伝統的なこともすき。

だから茶道の先生からすでにお茶の真髄をわかってますね、って言われるくらい超しっくりくる。

ほんとうは、もう地球の修行は終わってる。

おまけのような、今世。

今の両親を助けるため、

しゃーない、降りていってやるか!

って地球にきた。

そういうこともSCIOくんは言っていた。




今年は、色んな面で強くなりたい。

野性の部分を大切にしていきまっす。


私らしく君らしく。

みんなちがってみんないい。
[PR]
by mikyungcafe | 2013-07-07 20:37 | つれづれ
目標
今日はとても楽しい一日(^_^)

お腹も気持ちも満たされてプクプク顏の帰り道にみた金色に光を放ちながら沈みゆく太陽、きれいだったなあ。

同じような意識をもつ仲間といるとほんとエネルギー使わないし、楽しいし、心の栄養タンク満タンになるね。

わたしはけっこう人見知りします。

誰とでもすぐ仲良くなれるタイプではない。

よって、友達も多くない。

こないだ誰かが言ってた。

それって、野生で生きてるってことなんだって。

現代人は社会性を身につけて、色々な人と仲良くなるのが良し、と考えてるとこあるけど、

仲良くなくても多種多様、

それぞれ、その人らしく、尊重しあって底辺でつながっていればいい。






こないだ断捨離で、気づいた自分のしたい暮らし、生き方。

いつまでに形にするか、

それに向けてちゃんと何年後と目標を設定しました。

わたしはいままで、なにするにしてもちゃんと目標をたてたこととか、そういえばなかったなあー。

今をいきる、ってとっても大事なことだけど、ヴィジョンをもつことも同じくらい大事なんじゃないかな。

ヴィジョンをもちつつ、そこに向かって歩きながら、今できることに心をこめてあたる。

暮しを作り上げていくというか。

ああ、気持ちがさだまってなんだか清々しい。

あとは目標に向かって、てくてく歩いていくだけだ。




夏至がくるまでの一週間はちょっとしんどかった。

新しいバイトもまだ慣れなくて疲れていたこともあるし、

梅雨の低気圧のこともあるし、

夏至に向かうエネルギーのこともあるし、

地球に宇宙からビッグウェーブが降り注いでいることもあるし、

スーパームーンが近づいていることもあるし、

最近思うのは、自分の内側を身過ぎて、自分を見つめすぎて、厳しくしすぎなくていいよって。

なんでもかんでも意味を求めたり、引き寄せた現象のわけを考えたり、

まどろっこしいことはやめよー。




台風がすぎて、青空が広がったように、

今日のわたしの気持ちも雨雲が去り、晴天。
[PR]
by mikyungcafe | 2013-06-23 00:47 | つれづれ
社会の歯車から降りる勇気
ちょっとヘビーなお話になります。

いままで誰にも話したことないこと。

怖かったんです。きっと。へんなプライドがあって。

でもこの話が誰かの心の救いになってくれたらと思って。




きのう、あるセラピストさんとちょっとしたバトルになりました。

彼女はセラピストの前に、医療の現場で臨床心理士として精神患者さんたちと向き合ってこられたかた。

わたしは、天使だ女神だお姫様だとよく言ってるので、その方にしてみたらフワフワの現実離れしたスピリチュアリストにみえるようです。

そういう側面もあるので否定はしません。

だって、この重い世の中、ちょっとでも軽くしたいじゃないですか(笑

実際、高次元の存在ほど厳しいものはいないのですけど。

厳しくてユーモアがある。

ですが、ベテラン臨床心理士さんでも私の過去の真実は見抜けなかったようです。

精神患者さん、自殺を考えてる方、リストカットをしてるかたの気持ちが、天使だのなんだの言ってるあなたにわかるのか?と問われた私はこう答えました。




わたしは、手首を切って死のうとしたことがあります。

リストカットもあります。

幼い頃からな母との関係に苦しんで高校生のとき、自分自身を傷つけました。

わたしなんか生きる価値ないっていつしか思うようになってました。

流れる血をみながら、私、生きてる、生きたいんだ、って気づいたこと。

経験し、乗り越えてきた、だから気持ちは十分わかる。



私が最初に彼女がミッションだと信じてることにジャッジを入れたことから始まったバトル。

そして、倍、ジャッジが帰ってきた(笑)

人間は自分の中のものを外側に投影してますから、彼女は私で、私は彼女ってこと。

あはは。

赦して愛すること。難しいけどっ





自分を傷つけたことは突発的なことで、社会人になってからはちょっと母との関係から自由になり、

やりたいこと好きなことなんでもチャレンジして楽しく生きてきたつもりだったけれど、私の中に幼少期からまだ解決していない心の問題を抱えていたことを無視して自分を突っ走らせてしまった。

心を無視して頑張りすぎた疲れが溜まってしまい、あるとき体と心が悲鳴をあげ、自律神経失調症とうつ症状がでて1年ひきこもり状態に。

12年まえぐらいかな。

いま思うと、両親のサポートと引きこもれる場があったから自分とゆっくり向き合うことができたのだと、とても感謝しています。

母との関係は辛く苦しいものでもあったけど、彼女もまだ未熟ながら子育てを必至になってやってきたこと、彼女なりによかれと信じた愛情を精一杯そそいでくれていたこと、大人になって緩し理解してあげられるようになりました。

キツい言葉も体罰も私が悪いからじゃないんだ、単に母は感情をコントロールすることが苦手なだけなんだ、とすべて私が悪いから愛されていないという思い込み、

もう母も私のことも赦していいよと、もう頑張らなくてもいいんだよと、自分を縛っていたイバラのロープを外してあげることができました。

魂の成長のための必要な学び。

それが、あったから、わたしはほんとうに人生で大切なこと、すきなことにであえました。

1年後のあるとき、ふと、外の世界に出ようと思い立ち、家の近くのハーブショップでアルバイトから仕事をはじめました。

その時にお店に置いてあったのがフラワーエッセンス。

そして、その頃、目に見えないスピリチュアルな世界にも意識を向けるようになりました。

「ヒールユアセルフ、汝、自らを癒せ」

フラワーエッセンスの生みの親、バッチ博士の言葉と、肉体と心の病は高次の自己からかけ離れてしまった魂の病気だというフラワーエッセンスの考え方がわたしを目覚めさせてくれました。

そして天使や見えない存在を信じ、サポートと導きを求めました。

その2つに出会ったことで心とカラダが急速に癒されていきました。

人でもものでも出会うべくものに人はちゃんと出会うようになってる。

どんな状況でも導かれてサポートされていることをひしひしと感じました。

幼い頃の経験から、子供達の魂の救いになるようなことができたら、と保育の仕事もしました。

そこでは、子供達と接することで逆にわたしのインナーチャイルドの癒しと手放しの場になりました。

ほんと人生無駄なし、です。

わたしは、薬を処方するだけの医療での治療行為は拒否した。

それだけはハートが受け付けなかった。

フラワーエッセンスやアロマテラピーなど自然療法とスピリチュアリティを人生に取り入れ自分自身と向き合うことを繰り返しやってきて、自力でなんとか這い上がっていまのわたしがあります。

フワフワしてみえるけど、3次元で頑張っていきてきましたよ(笑

でもね、這い上がるプロセスが見つけられない人もいる。

薬を延々飲み続け、出口が見えない人もいる。

もしかしたら、社会が変わらない以上、心の病はもっとふえるかもしれない。

人対人のセラピーやヒーリングでは追いつかなくて、

へたすると、セラピストさんも病んでしまう人が増えていくかも。

そういった3次元の問題を高次元の存在たちはサポートしたくて手を差し伸べているのですけど。

地に足着いていないとジャッジするだけでなく、そういう存在もいて彼らは地球と人類の進化を助けてくれてると、目に見えなくても頭の隅っこでもいいから思ってほしい。



社会の歯車から降りる選択もあります。

そうそう、私が伝えたかったことはどれだけ自分が辛い体験をしてきたかという想いではなくて、これなの!

人が病んでしまう社会なら、そこから降りればいい。

前のブログ、答えを生きる1歩をここにで紹介した、半農半X、タウンシフターズ、な生きかた。

わたしは、病める人たちのこれからの救いになる生き方の1つだとおもってます。

非現実的、理想だけ立派、とバトルした臨床心理士さんに言われましたが、なんと思われてももういいわ。

社会の歯車から降りる、

1歩を踏み出す勇気はいるけど、できる範囲から少しずつ行動していけばいい。

自分が思ってるより、自分て存在は強い。

わたしは向かってる途中にあるので、説得力ないですが。

庭の畑で野菜育てたり、作れるものは手作りしたり、手仕事してみたり、ほんとちっぽけなことだけど、やってます。

自分のペースでいいんです。

夜中、眠れずブログ書いてみたけど、うまくまとめられなかった(*_*)




大丈夫。人は落ちても何度でも這い上がれる。

私たちの頭は辛い、苦しいと認識しますけど、

それは幻想です。

私たちの本質は魂はただただ無垢な光です。

心の痛み、出来事は出来事としてちゃんと痛いことを受け入れ認めて癒してあげることが必要です。

もう十分というまで好きなだけ癒してあげよう。

でもそこにいつまでも留まるのはやめよう。

傷はその傷を手放さない限り、痛みを経験する現象を引き寄せ続けます。

不要な古いエネルギーはどんどん手放していこう。

幻想の痛みから目覚めていきましょう!

そして、たった一人しかいない自分を大切にしてください。

遠慮することなく愛しましょう。

私たちは一人であってみんな、

みんなであって一人、

誰一人かけてはこの世界は構成できない。

かけがえのない存在なのだから。



重くて長い長文を読んでくださりありがとうございます☆
[PR]
by mikyungcafe | 2013-06-18 02:44 | つれづれ
大いなる存在を感じる
今日久しぶりに大好きな二子玉におでかけです。

朝から二子玉二子玉♪と内なる声のささやきに促されて。。

なにするわけでもなくお茶してブラブラするだけなんですが、楽しいのです(笑

バス停に向かう途中で、すれ違う人のバックに書いてあった言葉が目に飛び込んできました。

「大いなる存在を感じる」

こんな言葉、バックに書いてあるなんて普通ないっしょ(笑

はい、かしこまりましたm(_ _)m



薄いライムグリーンの紫陽花。

b0158725_15154451.jpg


季節のお花の色って、その時期に人間をサポートしてくれるエネルギーって気する。

ありがとう〜
[PR]
by mikyungcafe | 2013-06-10 11:38 | つれづれ
答えを生きる1歩をここに
今週はずっと部屋の大掃除していました。

物を処分したり、整理整頓したりして見えてくるもの。

自分の本当の望みを知ること。

したい生き方、

人生にとって大切なこと、

お金をかける必要のあること、ないこと、


これらのことがくっきり浮き彫りになって、お部屋と共に自分の中身もすっきり整理整頓されました。

断舎離は、新しい運気を呼び込むとか、本来そういったことではないように思います。

自分のこれからの人生にとって本当に必要なものを見極め、人生の質を高めていくこと、

その結果として、ベストな方向へ運気が流れるのかもしれません。



お掃除ではっきりしてきた自分のしたい暮らし、

前から思っていることなのだけど、やっぱり森で暮らしたい。

そこでオーベルジュを営む。

森の中で摘んだ野草や果実、自家栽培の無農薬お野菜、新鮮な朝採れ卵、近海の魚介類、などなど生命力あふれる食材を使ったお料理でもてなし、

森歩きしたり、セラピー、ヒーリング、ワークショップも受けられる料理宿。

都会で疲れた人の心とカラダを癒して本来の姿に戻してあげる。

初女さんの森のイスキアみたいなところを作りたい(あそこは教会だけどね)


うーん、想像してるととっても幸せな気持ちになってきます。。。(うっとり)

自分の今までやってきたことが全部つまっている森のオーベルジュは集大成なんです。

私、毎週土曜日に朝日テレビで放映されてる「人生の楽園」という脱サラや、都会を脱出した人たちの田舎暮らしを紹介している番組が大好きなんですが、毎回、夢実現の勇気と希望をもらってエネルギーチャージされます。

今日は新月ではないですか!

よし、5年後に目標設定して望みを意図してみます!




半農半X、ダウンシフターズ、など耳にしたことありますか??

物質的進化の加速時代、古い社会の枠組みや常識、格差をうみだす経済成長中心のシステムから降り、

自分らしく無理をしない自然と寄り添った持続可能なのんびりライフに切り替えていく人達が増えています。

ダウンシフターズ(減速生活者)の生みの親である高坂勝さんの著書、とてもおすすめです。

b0158725_14443572.jpg



高坂さんは田舎でお米大豆を自給自足されて、都会では小さなオーガニックバーのオーナーさん。

自分らしいライフワークを持ちながら、食料は自分でまかなう半農半Xな生き方を実践されています。

私はアベノミクスが言ってる10年後、所得が150万増えるのを期待して我慢して古い社会のルールの中で生きてくより、自分でまかなえる食べ物を少しずつ増やしていくことに時間とエネルギーを使ったほうがいいと思います。

みんなで食べ物つくりましょ。

高坂さんが代表党首をつとめる緑の党の歌。

こころに熱いものがこみあげてきます。

想像できるものは創造できる!




3.11 後の 今 ここに
新たな道を歩み出す

森を奪う都市文明から
森に寄り添う文明 数多(あまた)へ
答えを生きる 時がきた

果てない世界市場化と
経済成長呪縛から
世界各地が共に奏でる
色どる経済成熟へ
答えを生きる 時がきた

いのち汚す原発と
奪い合いの地下資源より
太陽による 永遠の平和へ
答えを生きる 時がきた

はやさ 大きさ 効率主義 から
スロー スモール シンプル で
適正規模と多様性へ
答えを生きる 時がきた

過剰なほどに カネ追わず
過剰なほどに モノ造らず
過剰なほどに 働かず
仕事と時間を 分かち合い
豊かなこころを 蘇らせる
答えを生きる 時がきた

買うしか術ない暮らしより
手 足 知恵で 創るを楽しみ
与え 支え いのちを謳歌し
自立しあう 安心へ
地域でつながる 循環へ
答えを生きる 時がきた

色んな人と 色んな生き方
互いに凸凹△ 認め合い
組み合わさって 補い合い
使命を宿し おのおの輝く
答えを生きる 時がきた

テレビの向こうに 決断任せず
自ら責任 引き寄せて
足元からの 微力をつらね
笑顔の未来 えらびとる
答えを生きる 時がきた

今日から土に 種を蒔き
こころに緑を 育てよう
いのちにぎわう 豊かな地球を
いのちみんなで 分かち楽しみ
100年先を 見渡して
答えを生きる 一歩をここに
歩み出したい 一歩をここに


「緑の党」を 立ち上げる
[PR]
by mikyungcafe | 2013-06-09 14:42 | つれづれ
肝っ玉かあさんガイドあらわる
今日の瞑想中、

「ひさしぶり〜」といって、だいぶ前に一時サポートしてくれてたガイドさんが現れた。

前の彼のことでいろいろ助けてくれた存在です。

彼が約束をドタキャンして私が落ち込んでいると、

「ちょっと彼に話してくるわ!待ってて!」と言った数分後に

彼からお詫びと次の約束のメールが来たり、いろいろ不思議なことがおこってとてもお世話になったガイドさん。

以前は見た目金髪のムームーを着たふくよかな白人女性のおばさまで、懐の深い明るい肝っ玉母ちゃんという感じでしたが、

今日の姿は金髪は変わらないけどショートからキレイに整えた巻き毛に、スーツを着てスリムなゴージャス系マダムになってあらわれた。

変わらずおおらか肝っ玉かあさんだったけど。

私に、

「人って自分がなりたい自分にどんな風にでも変われるのよ〜」

って言いたくて来てくれたようです。

そうだよね、そもそも「自分」なんてほんとうはいないのだから。

みんな「自分」を演じているのだよね。

自分にこだわりすぎない。

そしていまの私は私がなりたかった自分なのだ。たとえそれが嫌でも。

そのままありのまま受け入れていくことも、嫌なら変えることも選択できる。

どちらを選ぶにしても、つねにハートが心地よいこと、しっくりくること、喜びを感じることを選んでいけたらいいと思う。



今のわたしは「変わる」、ということに心が動くのでそっちに進んでます。

そう思ってからまず、無性にしたくなったのが部屋の整理整頓。不要な物の処分。

頭で変わろうと思ったからじゃあ、まずお部屋のお掃除しましょう、って感じじゃなく、

カラダが勝手にそうしたくていてもたってもいられなくなる感じ。

ほんと意識が向いた方に、どんどん事は動いていきますね。

これはあとから思うと地球の波動上昇に合わせてエネルギーを軽くするためだったのかもしれません。

からだもね、最近重いです。

食べ物もさらにピュアなものに変えていかなくてはいけないのかあ。。(。。:)

否応無しにこれからもっと多くの人が物質という重たいエネルギーに気付いて(気付かされて)手放していく時代になるのでしょうね。

もう抵抗しても無駄(笑)

それに伴い、311のような痛みを味わう最善の為の変化が個々や社会、地球全体の表面に起きるのかもしれませんが。

みなの魂は意識が目覚めていくこの変容の時期を楽しんでいるようです。

力をもつことより、純化することに目を向けたい。

純化していけば、おのずと内から真のエネルギーがみなぎるから。

引っぱりあわない、分かち合う力が。
[PR]
by mikyungcafe | 2013-06-06 13:37 | つれづれ
好きなトーンの中で好きなことをする
5月は、これからの方向性について迷って悩んで悶々とすることが多かった。

はじめて人に

「この先何したらいいと思う?!」と聞いてみたり。

先週はこの数週間のもやもやが晴れてやっと答えが見つかった。


「好きなトーンの中でどんどん好きなことをしていけばいい」


私はお料理、ヒーリング、クラニオセラピー、自然療法、農業。。。などなど。好きなこと、やりたいこと、興味をもってることたくさんあります。

どれもかけ離れたことではなく繋がって同じトーンの中にある。

みな大好きで、私の人生の中で大切なこと。

どこへ進むか、何をすればいいのか1つに決めることは自分を狭い枠にはめてしまう。

こうあるべきって枠にとらわれて考えれば考えるほど苦しくなるばかりでした。


私はもうこの先もずっと自分の好きなトーンの中で生きる、って思うから、どんどん自由に心のままにやりたいことしていけばいいのよね。

ガッテンガッテンガッテン!

私の好きなトーンの世界でみなさんが楽しんで癒されてハッピーになってくれたらいいなと思います。



結果を焦らず、先を急がず、努力をわすれず、与えられたご縁や機会に感謝して1歩1歩進んでいきます。

悩んで迷ってみてよかった。

立ち止まって見えたのは、私は支えられて助けられているってこと。

恐がりで自信なくてひ弱でお嬢な私を見捨てずいつもサポートしてくれるお友達のみなさん、どうもありがとう。

のろのろ亀の歩みでも進みます。

たまに休み休みしながらがむばります。


新宿の駅地下を歩いていたら、フラワーエッセンスの大っきな広告が!
b0158725_23421013.jpg


時代は変わってきてるー!
[PR]
by mikyungcafe | 2013-06-03 22:30 | つれづれ