ブログトップ
mikyung cafe
mikcafe.exblog.jp
カテゴリ:旅( 4 )
九州の旅〜最終日
九州の旅、いよいよ今日で最後。

朝、またラムネ温泉に入って、炭酸泉で炊いたおかゆの朝食をいただきました。

田舎は静か、と思っていたら都会とはまた違った音がしてびっくり。

虫の声が大音量!

夏や秋以外の季節はそうでもないのかもしれないけれど。



大分からまた熊本に戻り、白川水源に行きました。
b0158725_180626.jpg

b0158725_1812232.jpg


ここもお水の透明度と美味しさは感動もの!

毎分に1トンの水が湧き出てるそうです。

池の底からふつふつと湧き出てるのが見える。

友人も言っていたけれど、私は水辺とか行くと落ち着く。

水との相性がいいみたいです。



4日目は写真少ないです〜

白山水源のあとは山口旅館という所に温泉に入りにいきました。

山の中にあって、湯治で利用するお客さんも沢山来る温泉旅館。

私たち2人以外は誰もいない貸し切り状態。

ミルキー色でとても柔らかなお湯でした。

温泉に入って湧き水を飲む。

ほんとうに阿蘇は至る所から水が湧き出ています。

次に九州に来る時のプランは1週間ぐらい旅館にこもってひたすら温泉に入りまくる!





さあ、いよいよ阿蘇空港へ。

なんか久しぶりに近代的なものを目にした気が(笑

最後に残された熊本ラーメンを食べるという目的も空港で果たし、

思う存分九州の旅を満喫したから東京に帰ることも楽しみになってきた。

そして自分のお部屋、ベットが恋しい。

こういう慣れ親しんだ物への愛着、かに座的だなと自分のことを思う。



個展が控えている時の大事な時なのに、旅のお供をしてくれた友人。

旅行前のリサーチやこの3泊4日旅のアレンジとナビゲートと車の運転、そして暖かな優しさがとても嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。

ほんとうにどうもありがとう!

今回の旅のように、これからの人生にも多くの幸が私たち2人に(自分も入れてる。笑)降り注がれますように!
[PR]
by mikyungcafe | 2011-08-27 19:28 |
九州の旅〜3日目
3日目わいた山荘での朝食。
b0158725_20313998.jpg


旅館やホテルの朝食って楽しみ。

小さな小鉢に色々なおかずか盛られていて楽しくなる♪

普段は果物など軽めな朝食の私ですが美味しく残さずいただきました〜



お次ぎに向かったのは池山水源。
b0158725_20385166.jpg

b0158725_21231055.jpg


ああ、なんて清らかな波動。

水の美しさは私のデジタルカメラではなかなか写せなかったけど、ここのお水の美味しさと透明感は胸にしっかり刻みました。



次は同じ大分の長湯温泉へ。

美術館のような建物のラムネ温泉。
b0158725_20433363.jpg


珍しい炭酸泉の温泉です。

30度ぐらいのお湯とは呼べないほどのぬるいお湯なのですが、浸かってると肌のまわりに炭酸の泡が着いてきて、皮膚が刺激されるのか血行が良くなり、カラダが芯から温かくなってくるから不思議。

ここの温泉は飲泉もできて、飲んで見るととっても鉄臭く飲み込むのに勇気がいる味でした。

でもいかにもカラダに良さそうな感じ。

熱いお湯が苦手な私はこんなぬるめの温泉はゆっくり入っていられてとても気にいってしまいました。

両親も連れてきてあげたいな。

よし、お金貯めて連れてくるぞ。



温泉でさっぱりしたあとはこんな大正ロマン(?)なカフェでランチ。
b0158725_20515447.jpg




お昼の後は大分の旧城下町、竹田市へ。

今まで回ってきた九州のどことも違う雰囲気があって、人が作り上げた町という感じ。

人の営みがゆったりと流れ、町のあちこちにここに住む方々の優しさが垣間見られる所でした。
b0158725_20545025.jpg



今日のお宿は熊本の黒川温泉、のはずがちょっとしたトラブルで宿泊できなくなってしまい、どうしようか。。。と考えていると、長湯温泉で行った大正ロマンカフェの前に大丸旅館という温泉旅館があったことを思い出し、そこに問い合わせてみると空き部屋があった!

ということでまた長湯温泉に引き返しました〜

長湯温泉の大丸旅館はラムネ温泉と同じ経営元なので、ラムネ温泉が無料で入浴できるうえ、さっき入浴した時に払った料金も返金してもらえ、結果としてこっちになってよかったなと思いました。

また来たいな、と思っていたラムネ温泉にこんなすぐにまた入ることができて幸せ〜!

願いはやっぱり叶うね〜♪

旅館の内風呂もお料理も満点でした!


4日目に続く。。。
[PR]
by mikyungcafe | 2011-08-20 21:13 |
九州の旅〜2日目
友人のアトリエ&住まい(友人は画家さんです)から見た景色。
b0158725_19501957.jpg


こんな景色を自宅の窓から毎日眺められるなんてなんてうらやましいですよね。

もう他に何もいらないと思えてしまう。



2日目は阿蘇を中心にまわりました。

阿蘇神社
b0158725_1954869.jpg


阿蘇の観光では水基巡りが有名。
b0158725_1955257.jpg


b0158725_1957389.jpg



至る所から湧き水が出てて自由に飲み汲みできるのです。

甘かったり、すっきりしていたりみんな微妙に味が異なるんですよ。

ペットボトルを持って飲んでは汲み、をくり返してました。


ここは古い女学校を改装してカフェや骨董屋さん、アンティークショップなどが立ち並ぶ所。
b0158725_19594630.jpg


b0158725_201534.jpg


のんびりと時間がゆったり流れる場所でした。



今日の宿は、はげの湯温泉の『わいた山荘』

テーブルいっぱいに並ぶお料理は心がこもっていてどれも美味しい。初馬刺をいただく!
b0158725_2043280.jpg


この旅館の名物料理、温泉で蒸した鶏のせいろ蒸し。身が箸ですーっとさけるほどやわらか。
b0158725_2072678.jpg


こんなきれいなコバルトブルーの温泉ははじめて。肌からだけでなく、目からも癒されました。
b0158725_2095837.jpg


1日目は少し白っぽく感じたけど、2日目の朝はクリアなブルーに。

源泉掛け流しだからきっと毎日の天候などによって変化するんでしょうね。

5つあるここの温泉は全部貸し切り。

展望露天風呂では朝、目の前に雲海が広がっていました。
b0158725_20133883.jpg



澄んだ湧き水を沢山飲んで身も心も洗われた気持ちになり、美味しい郷土料理に顔がゆるみ、温泉でとろける。。。極楽極楽な1日でした。

日本はほんとうに自然からの贈り物に恵まれた国だと思いました。

エネルギー資源は少ないかもしれないけど、こんなに豊かな自然があるんだもの。



3日目に続く。。。



※9月10日のお料理教室はおかげ様で定員に達しました!

ありがとうございます☆
[PR]
by mikyungcafe | 2011-08-18 20:32 |
九州の旅〜1日目
まず1日目、熊本阿蘇空港に到着!

私、はじめての九州です。

飛行機の窓から見えるモサモサ生い茂る緑。

空港のまわりにもこんなに自然が残されていていいねー 、なんて思いながら外へ出ると肌に焼けつく日差しと暑さに九州にきたんだ!と胸躍る。

今回は熊本の阿蘇に住んでいる友人が私が来る前から下調べをして車でいろんな所を案内してくれ、とっても楽しく充実した旅になりました。

1人ではこんなにあちこち回れなかったでしょう。

ほんとうにありがたいです。



空港から友人が案内してくれたのは、鮎料理のお店。

なんていうんでしょう??

京都の床みたいな所。外で食べる所。テラス席みたいな。

そこで目の前の清流を眺めながらの鮎尽くしのランチ。

b0158725_17484359.jpg



はじめての鮎の生き造り。身がしまってこりこりして臭みもなくとても美味でした。
b0158725_182418.jpg



この日訪れた場所は、

弊立神宮

私は弊立神宮はまったく知らなかったけれど、高天原の神話ではとても重要な所らしく、そして最近はパワースポットとして有名だそうで。

神社の脇の小道を下っていくと小さな神社と龍神様の池があり、2種類のご神水が湧いています。
b0158725_18104978.jpg



お次ぎは宮崎、高千穂峡
b0158725_19452549.jpg


天岩戸神社
b0158725_19462740.jpg


天の安河原
b0158725_19472927.jpg


あと高千穂神社なども訪れました。



どこもかしこも空気が、水がキレイで美味しい!!地の食べ物が新鮮で美味しい!

いい気が溢れてる!人も素敵!

九州は生命を生み出し育む力、自然と大地のパワフルな気が満ちているのは想像していた通りだったけど、同時に私は宇宙のエナジーもとても強く感じて、この地に神々(宇宙人)が降り立ったのはほんとうなんだろうな。。。と思わせるものがありました。


この日は阿蘇の民宿、「のわけ」さんで宿泊。

アットホームで快適なお宿でした〜

阿蘇の夜は星が綺麗。。。


2日目に続く。
[PR]
by mikyungcafe | 2011-08-14 18:16 |