ブログトップ
mikyung cafe
mikcafe.exblog.jp
自分の生きてる足もと
今年からマヤ暦を生活に取りいれて暮らしてます。

そのマヤ暦の新年が2月13日に訪れ、新しいサイクルがまたはじまりました。

私自身のことでも新しい展開があったり、なんだかワクワクです。

旧暦の新年、立春、新月、新しいことづくしのこの2月、

ただ、今すぐ新しいことにチャレンジ!!

ということではなく、心が揺れやすいときなので、まずはしっかり足元を固めたほうがいいようです。




最近知り合った方が何の抵抗もなくさらっとこんなことを言っていた。

「僕、家族と仲がよくて、家族が大好きなんです!!」

私にとって頭上からタライが落ちてくるぐらいの衝撃的な言葉。

そして自分の肉体のルーツである、両親やご先祖様を大切にしてる、って感動してしまったのです。

今年はじめから今までほぼ無職状態の私は毎日好きなだけたっぷりと瞑想する毎日。

日々の瞑想の中でハイヤーセルフや天使たち、マスターから伝えられるメッセージは、共通していて、

とっても地に足ついたもの。

一番身近な人、例えば両親や子供や夫に優しくあること、

自分の生きる足となる、日常生活を丁寧に、おろそかにしないこと、

とにかく、今年は始まりといえどもいきなりジャンプするのではなく、

生きるベースとなる足元をしっかり築くことが大切、と彼らは言います。

それは、仕事がどうのこうの、何をするか、貯金がいくらあればいいとか、年金のこととかじゃなく、

どんな部屋で目覚め、どんな恰好で過ごし、どんな食べ物を食べて、

日常生活をどんな心、意識で生活しているか。

何があっても揺らがない自分と生きてく力を作れ、

その中であなたにとってほんとうに大切なことがわかるでしょう、と。

すぐ上へフワ~、と上がってしまう私にとって、それは、何よりの修行でもあります。

このお休みの間、私は自ら選んで生まれてきたこの地球での家族が大好きなんだ、と気付き、もっとこの人たちが幸せであるように、優しく接しようと、生まれてはじめて思えました。

そうすることは、ご先祖様を敬うことでもあるし、いつか私の子供やその子供たちの幸せのためでもあるし、そして、自分自身を認め大切にすることでもあるから。

生きてく力がある人は何をしててもどこにいても誰といても、きっと幸せ。
[PR]
by mikyungcafe | 2013-02-25 15:12 | つれづれ
<< わたしのごはん 久しぶりに冷えとりのお話 >>