ブログトップ
mikyung cafe
mikcafe.exblog.jp
冷えとり健康法その後のビックリ効果
この前のブログで紹介した「冷えとり健康法」

土曜の夜から今日まで毎日私が実践してる事は、

1、朝30分、夜1時間の半身浴
  昨晩は眠さに勝てず、穴埋めのため朝1時間は入りました。

2、シルクソックスの重ね履き
  本当は、絹、綿、絹、綿の順に重ねるのが基本ですが、今手持ちのアイテムに限りがあるので
  とりあえず、最初に絹の5本指ソックス、次に綿かウールを重ねてその上は化繊の靴下を履い   ちゃってます。
  通販で注文した冷えとり靴下セットが届くのを心待ちにしてる私です。

3、上半身薄着にしてズボン下をはく
  寝るときも出かけるときも天然素材のレギンスを重ね、家にいるときは半袖にカシミアのベスト  を重ねてます。
  昨日フラッと入ったスーパーでコットンのレギンスとウールのレギンスが安かったので3枚まと  め買い!
  今はほとんど化繊が入っていて天然100%を見つけるのは大変。

4、寝るときと座るときは湯たんぽ
  長時間座るとき、寝るときは必須。
  
5、小食をこころがける。
  これは後でくわしく述べますが、自然に冷えとりしてから食欲が落ち着いてきました。

上記のようなことをこの5日間していました。

早くも効果が次の日現れました。


☆お腹と腿の裏側に湿疹

本に載っていた「めんげん」とい解毒かと思われます。

冷えとりのための下半身重ねばきをしてから、他の場所とは温度差を感じる特に冷えを感じる箇所を見つけました。

私の場合はお腹と腰と腿。

ちょうど湿疹が出た場所はまさにその冷えを特に感じる場所でした。



☆食欲が落ち着き、カラダを冷やすものを敬遠するようになった

私は太らないのを良いことに今までかなりの量を食べてました。

行きつけの定食屋さんでは、店主の人が私がよく食べることを知っていて、男性用のどんぶりで山盛りごはんをよそってくれます(笑

もうお腹がはち切れそう〜というまで食べても翌日には1キロ減ってたりするので、体力維持の為に食べなきゃカラダがもたないと思い込んでいたのです。

必要なのは量じゃなくて栄養をカラダに取り込むこと。

食べても太らないのはお腹に冷えがあったため胃腸の働きが鈍り、栄養を消化吸収する力が弱くなっていたのだと思いました。

お腹から下半身を温め出してから、食べる量が自然に落ち着き、これを食べたらカラダが冷えるな、という食材がカラダ感覚でわかるようになって驚きです。

「冷えとり健康法」実践初日に刺身を食べたのですが、食べるとお腹が冷えてくるのがわかりました。

半身浴をして、朝の仕事を終えてから食べるご飯は最高!

ほんとうにおいしく有難く感じ、満足感があるので食べ過ぎません。



☆浮腫まない

私は立ち仕事なので、足のむくみを感じていました。

それが、靴下、レギンスの重ね履きをしてから気にならなくなり、そしていつも履いていたレギンスが緩くなっているってことは、足も細くなったかな?!


☆上半身が軽い!

肩や背中のコリが軽くなりました。


☆テキパキやらなきゃいけない事をさっと取り組むようになった

フットワークが軽くなりました。


☆シンクロが増えた

これは冷えとり効果なのかわかりませんが、とにかく気分がいいので良いことを引き寄せる力がアップしてるのかも。



こんな効果がこの短期間に感じられてびっくり!!

また何か変化、効果が出てきたらブログでお伝えしまーす☆




 
[PR]
by mikyungcafe | 2010-11-10 11:55 | 冷えとり
<< 私たちは循環している〜ニンジン... 冷えとりガール >>